Belly Danceに魅せられたあひるちゃん
らくす しゃるき な うぇぶとぅず
そふぃあろーすくーるの学生です☆
〜長い休学期間から復帰できました〜
RSS1.0 Atom0.3
=click==click=

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Shimmy♀のBLOG

ブクログ
SHOPPING
楽天で探す
楽天市場

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
睡眠はコントロールできる (メディアファクトリー新書)
睡眠はコントロールできる (メディアファクトリー新書) (JUGEMレビュー »)
遠藤 拓郎,江川 達也
眠りに悩んでいる貴方にぜひ。
RECOMMEND
RECOMMEND
はるさんマイラブ―離婚したので犬を飼うことにした
はるさんマイラブ―離婚したので犬を飼うことにした (JUGEMレビュー »)
神田 謙
大好きなコーギーBLOGの本Ver.です。
<< 胸骨骨折(>_<) | main | アタミ秘宝館(〃∇〃) >>


トルコ料理レストラン・GELIK
水曜日、パニクってて、あひるちゃんの水かきがトテモ痛いのに、痛み止めしてもらうの忘れちゃった。
仕事で外出するんで、そのついでに病院に行くことにした。
看護士さん病院にまで、ひどい外反母趾だねぇって言われてしまった。
(´・ェ・`)ショボン。
右も左も痛い。手術やだけど、したら楽になるのかな。
うーん。

で、GELIKディナー
GELIKのトルコ料理は、とっても(゚д゚)ウマーなのです。

週のアタマに、会社の同僚イシくん(しばしば登場するが私と同じ大学出身の2才下のかわいーラブ娘っこ。彼女は朝鮮語学科で私はロシヤ語学科。性格の違いが選択語の違い??)と一緒にTamaki先生のダンスを見に行こう、って話をしていたのだ。
が、私がケガをしたりするものだから、二人ともわすれてた。

病院から戻ってきてからあわてて仕事を終わらせて、外苑前にあるGELIKに向かう。その前に赤坂見附で紫のバラのミニブーケ桜を見つけて買うが、レジのおねーさん…トロすぎ汗
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!とカリカリしてたらいしくんが「みきちゃんがイライラした顔をみせるの、めずらしいねぇぇ」と。
そりゃそうです。敬愛するTamaki先生のダンス、早く見たい。
彼女はパワーをくれる。水曜にお会いしてないからTamaki度が下がって、虚弱になってる私。

ショータイムに間に合い、コースを注文し、ワインを飲み始めたころ、ガタガタとお店の方が動かし始めて、ショーの始まりを告げる。

GELIKは行くと分かるのだが、本当に本当に小さなお店。
27席しかない。普段通路の部分で踊る。はじめてみたときは、神業だと思った。
狭いし、360度ぐる〜っとお客さんがいる状態だし。
その中で全員を楽しませるってすごいこと。

妖艶な空気とともに青いベールでTamaki先生登場。
ベールが舞う、天井も低いのに見事にぶつけない、すごい。
イシくんは息を飲んでる〜まだまだ〜と私がいう。うふ、すごいんだからおてんき
ポカンと半分ぐらい口が開いているオジサマの首に、ベールをふわっとかける。
どきどきするだろうな〜Tamaki先生のバラの香水の香りがする。

剣の踊りが始まる。
コレって何度見ても不思議なんだけど、わき腹のウエストのくぼみに剣(シミター)をおいて踊る。
そこって、ものが置けるほど、くぼんでるかな・・・どきどき。

アタマにまるで刺すようにのせて、ぶんぶん回ったりガンガン踊る。
なぜ落ちないのだ・・・私だったらのせてたってられないし、ダウンキックだって絶対無理。
シュミもできない私が何を言うかって感じだがムニョムニョ

最後にジル(小さなフィンガーシンパル)で舞う。
ジルの高い音でなんか催眠術にかかりそう。
私なんか先生に教わったのですら、チンチンチンという音じゃなくて、ガコッって音になる・・・。

最後に輪になってお客さんみんなで踊るけど、気持ちいい!
痛いの忘れて踊っちゃう・・・へたくそだけど、楽しい。

イシくんもいっしょに踊ってくれたニコニコ
彼女も体験レッスンに来ることになりました!(笑)
| Tamaki先生 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

COMMENTS PLEASE










この記事のTRACKBACK URL
http://raqs-sharqi.oriental.raindrop.jp/trackback/42212
TRACKBACKS