Belly Danceに魅せられたあひるちゃん
らくす しゃるき な うぇぶとぅず
そふぃあろーすくーるの学生です☆
〜長い休学期間から復帰できました〜
RSS1.0 Atom0.3
=click==click=

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Shimmy♀のBLOG

ブクログ
SHOPPING
楽天で探す
楽天市場

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
睡眠はコントロールできる (メディアファクトリー新書)
睡眠はコントロールできる (メディアファクトリー新書) (JUGEMレビュー »)
遠藤 拓郎,江川 達也
眠りに悩んでいる貴方にぜひ。
RECOMMEND
RECOMMEND
はるさんマイラブ―離婚したので犬を飼うことにした
はるさんマイラブ―離婚したので犬を飼うことにした (JUGEMレビュー »)
神田 謙
大好きなコーギーBLOGの本Ver.です。


特許行政年次報告書2006年版〈統計・資料編〉の余波
知的財産なお仕事をしているんで、当然のことながら特許庁さんがすることなすことすべて余波を受けるわけですよ。
小泉鈍一郎(きっこのブログのまね) が特許庁を訪問して下手なバイオリンをひいたとかさ、そういうネタなら別に気分が悪いだけで余波は受けない。

問題は特許がなにがしかの統計を公表したり、システムを変えるたびにバタバタと忙しくなるわけです。
忙しいときはつい被害モーソーズになってしまい、何の嫌がらせよ、きぃっ、ってなりますが。


で今回は行政年次報告書
しかもその中で「特許出願件数上位200社の出願・審査請求関連情報」って項目がある。
朝日新聞の読者の方はこの記事見たんじゃないかな。
ここには出願件数上位200社の審査請求率や特許査定率、グローバル出願率、一次審査における新規性や記載要件の充足率といった数値が記載されている。
すなわち、他社といやでも比較せざるを得ない。

特許庁としては、これを公表することによって無駄な審査請求を減らしてもらおうという意図だ。各社の審査請求率や、審査請求してもどれだけ拒絶されるかとか、特許になるならないとか・・・そういう数値を見ると自然に抑制されるだろうというハラだと思う。
自分らがチンタラしてるだけじゃないの?とガラ悪く絡んでみたくなる。

これが公表されることによる、企業の下請けたる特許事務所がどんなに面倒な目にあうなんて考えてもいないんだよね、お役人。
下手すりゃ年末を前に首でも切られかねない。
もう少し市民のことを考えられる行政をのぞむのは、そもそも無理な話かなー・・・。

| 知的財産権 | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |



正露丸・・・非類似かなー?
特許事務所で商標調査をやってる私らしく、この問題、考えてみましたよ。
商標の調査をする場合、「あ!似てる!」と思って、これは類似だ〜と短絡的に思っちゃうことがあります。
でもその業界では、その商品は同じような色合いのパッケージを使うって場合がある。
例えばコーラ。コーララムネとかコカコーラ(R)じゃない他のメーカーのコーラも赤い缶だったり赤い帯が付いてたりする。
なるほど、コーラって言うと赤いイメージ。赤地に白でCOLAって書いてあるのが多い気がする。
↓ほら。

続きを読む >>
| 知的財産権 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(1) |



特許出願中のスライドケース
受験勉強といえば眠気との戦いですが(私の場合は仕事も・・・)、そこで欠かせないのがミンツ。
フリスクとか常備しまくりですよ。

で、最近Champ de Herbe(シャンドエルブ)で見つけてすごーく気に入っているのがこのコ。ミラーミンツ。


見た目はフツーのちょっとかわいいミンツ。


スライドケースを開くとミラーが(☆∀☆)

これは確かに便利だよなぁ。
電車とか仕事中とか、堂々と鏡を出して見るわけにいかないじゃない、気になること(ところ?)があっても(笑)。
これだったら周りも気にしないし。いいかも


と思ってたら、やっぱりこのミンツのミラーつきスライドケースは特許出願中だ!
USかな?
明細書(その発明の説明が書いてあるもの)を見たいなぁと思ってたんだけど、ホームページにも出願番号や公報番号が書いてないにゃ。
USPTOで調べたいな〜なんて思ってたけど、時間ない〜〜。・°・(ノ∀`)・°・。
残念(´・ェ・`)

それにしても登録になるのかなー、これ。
USなら可能性がありそうだが。
| 知的財産権 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |



トリビアの泉
たまには、特許のエントリーでもしてみます(^^♪

先日NYのYukoさんから、特許のお話のコメントをいただきました。
感謝<(_ _)>
NYでも、放送してるんですね、トリビアの泉。
びっくり。
そういえば、私のお友達が数年前、トリビアの説明のところで登場していました。

さて、1/25のエントリーで、商標のセミナーに行ったハナシを書いたのですが、そのときの講師の審査官が、トリビアの泉で商標のガラポンが登場するから見てね!っていってたんですよ。
木製ガラポン福引抽選器 2500球用
このトリビア(こちらで詳しく紹介されてます)は「同日出願」にかかわるトリビアです。
続きを読む >>
| 知的財産権 | 00:52 | comments(1) | trackbacks(0) |

| 1/1PAGES |